Building Community

コミュニティ構築

コミュニティ構築

Building Community

by Dr. Constance Steinkuehler, UCI

2017年の発足以来、NASEFは、若者のeスポーツプレイヤー、熱狂的なファン、そして観戦者が、協力し合い、競い合い、お互いを肯定的な形で讃え合うコミュニティを作ることを目指してきました。
そして、初年度から、この「コミュニティ」という概念は、私たちの研究に現れる根強いテーマとなっています。しかし、どのようにしてコミュニティを構築するのでしょうか?

共通の関心事項を持つことから始める

Begin with Shared Interest

NASEFは、テレビゲームやeスポーツを愛する学生のための共有スペースを作ることを目的として発足しましたが、従来のスポーツと同じように、この共通の関心事項が一体感を持つ要素になっています。

私たちはオタクが集まったチームなので、全員が同じ考えを持っています。 みんなとあるゲームが好きです。他のスポーツでは、彼らはみんなとても運動神経がいい。
観客の注目を浴びるのが好きなんだと思います。 でも、ここでは別の側面があります。強くなくてもいいし、体格もよくなくてもいい、背が高くても低くてもいいんだ。パソコンを持ってゲームをダウンロードして遊ぶんだ。
みんな楽しんでる。ここにいるみんなが楽しんでいるし、みんな何時間もかけて遊んでいる。 誰も特別なことを必要とはしない みんなで集まって遊んでいるだけです。
2018/05/08 学生グループ

このパターンに関して、コミュニケーション能力の向上について言及された回数を数え、検証したところ、コミュニケーション能力のスキルは、学生が面接の際に最も頻繁に話す利点であることがわかりました。

ソーシャルスキルの強化

Strengthening Social Skills

NASEF発足後間もない頃に学生にこのプログラムから得たものについてインタビューしたところ、多くの学生がコミュニケーション能力の向上について話をしていました。

ある学生がこう説明してくれました。

他の人が自分の間違いをどう感じるかを理解しないといけないと思います" "自分の過ちをどう感じるかを理解する必要があると思います
親切な言い方で何かを言う必要があると思います" みたいな感じで、ただ素敵なことを言うのではなくて"もう、分かりますよね!
2018/05/08 学生フォーカスグループ

このパターンに関して、コミュニケーション能力の向上について言及された回数を数え、検証したところ、コミュニケーション能力のスキルは、学生が面接の際に最も頻繁に話す利点であることがわかりました。

変化のメカニズムの特定

Identifying the Mechanisms of Change

そこで私たちは、学生と1対1で仕事をしているコーチやゼネラルマネージャー(GM)にインタビューをして、これらのテーマをさらに調査しました。これらの会話の中には、コミュニケーション能力がどのように開発されているのか、興味深い手がかりがいくつか見つかりました。

コーチとGMは、社会でどう見られるか意識した指導を行っていることや、チームやクラブ内での責任や指導的役割を担うように学生を積極的に奨励していることについて、詳しく話していました。

あるフォーカスグループでは、指導員は、彼らの "最大の目標 "は、学生が "まとまりのあるユニット、チームとして働くこと "であったと説明しています。

2018.05.21コーチのフォーカスグループ

別の指導員は、声の大きいチームメンバーをチームリーダーに変えた方法を説明しました。

あるチームの1人は非常に目立つ声を出していて、彼は素晴らしかったのですが、他のチームに攻められると非常に動揺してしまうので、私は彼のゲームプレーを改善して向上させるだけでなく、彼の仲間への話し方、リードする方法を[向上させる]ようにコーチングしました。
だから、彼はきっと素晴らしいことをしてくれると思うよ。彼は頭がいいだけでなく、超情熱的な人だから、大きく成長するのを見るのは嬉しかったよ
2018.05.21 コーチ陣フォーカスグループ

そこで私たちは、より大規模なデータでそのパターンを確認し、コミュニケーション能力の向上についての話と、学生のリーダーシップを発揮する機会やメンターシップについての話が一致するかどうかを検証しました。
ここでも、このパターンが確認されました。

すべての学生とコーチのインタビューで同様に、社会的認識はメンターシップと相関し、関係のスキルは学生のリーダーシップを発揮する機会と相関していました。
これらのスキルは偶然ではありませんでした。

NASEFのコーチやGMは直接指導を受けたり、学生が単に従うだけでなく、リードする機会を与えたりすることで、学生に社会性を育成していたのです。

NASEFの学生の一人が、他の人にアドバイスをするとしたら、どうするかと尋ねられたときに、次のように答えています。

コーチを信頼し、チームメイトを信頼しなさい。
2018.04.28学生フォーカスグループ

コミュニティの維持・拡大

Sustaining and Expanding Community

プログラムの初年度にこのような兆候を確認して以来、私たちは、NASEFの学生を対象に、協調性だけでなく、 より具体的には仲間や大人との関係について調査を行い、社会的スキルの変化を定量的に観察してきました。 このパターンは現在も確認しています。

NASEFの生徒は、プログラムの結果として、協力する能力と、仲間や大人との関係が大幅に向上したと報告していますが、このような有意な差は3年目に入っても継続しています。
実際、低所得者層の学校を調査し、同じ学校のNASEFの生徒とそうでない生徒を比較すると、NASEFの生徒は大人との関係において特に優れていることがわかりました。

コミュニティの輪を広げる

Expanding the Community Circle

NASEFのこのようなコミュニティの側面は注目されています。NASEFの保護者を対象とした最近のインタビュー調査では、コミュニティが第一の利点であることがわかりました。
インタビューを受けた保護者全員が、NASEFのコミュニティが息子や娘をプログラムに参加させた利点の第一位であると答えています。ある保護者がこう述べています。

NASEFの生徒は、プログラムの結果として、協力する能力と、仲間や大人との関係が大幅に向上したと報告していますが、このような有意な差は3年目に入っても継続しています。
実際、低所得者層の学校を調査し、同じ学校のNASEFの生徒とそうでない生徒を比較すると、NASEFの生徒は大人との関係において特に優れていることがわかりました。

「コミュニケーション能力向上には良いことです。ビデオゲームクラブに参加してから、彼の成長を見てきました。今ではオンラインで話していた友達がいます。彼らは定期的に話をしています。

結局のところ、こうしたpeer-to-peerと peer-to-mentorの繋がりこそが、NASEFのコミュニティを形成する接着剤となっているのです。
COVID-19(新型コロナウイルス)の流行により学校がオンラインに移行した今日でも、社会的な距離が離れているからといって、社会的な孤立を意味する必要はありません!
コミュニティはオンライン上で構築することができますし、実際に賑わっています。関心の共有、共同活動、社会的な絆があれば、オンライン上でコミュニティを繁栄させることができます。

今日では、今まで以上に、子供たちがいる場所で子供たちに会い、お互いに、そして投資したメンターとつながることは、社会的スキルや人間関係を構築するための重要な手段となります。ある生徒が説明してくれました。

新しい人との出会いがあるんだ クラブやその他のことについて何を期待していいのか分からず、本当に恐れていたので、今回のことは本当に嬉しいです。 それから私は、彼らが本当に良い人たちで、家族であることに気付きました。
2018.05.08学生フォーカスグループ

コネクテッド・ラーニング・ラボの研究の詳細については、こちらをご覧ください。