Healthy-gaming

健康的なゲーム:
eスポーツをしながら健康を維持する

Healthy-gaming

Haylesh Patel、MSc著-UCIEsportsのeスポーツ運動生理学者
体力向上のためにわざわざ運動する必要があるのか?
私はゲームをプレイ時間等を改善するつもりはありません。時間があればソロプレイしたいです。
これは私が何度もトップレベルのプレイヤーから聞いた話です。ゲームに時間を費やすことは部分的には正しいのですが、特定のゲームをプレイしなければ、現在のスキルレベルを向上させたり、維持したりすることはできません。 しかし、多くの時間をソロプレイに費やしたりすることは非効率的で逆効果になることがある。 これは、彼らの生活バランスがとれておらず、生活の他の側面が犠牲になっているときにおこります。 これらの側面について数例挙げると、十分な睡眠、良い栄養の選択、試合後の反射/分析と社会活動などが含まれています。 この不均衡の結果として生じる影響は、意思決定の不備の増加、傾きの増加、反応時間の短縮、不安や抑うつの症状の増加など多岐にわたります。
上記の文に対する私の反応はいつも同じで、新しい習慣(身体活動、栄養改善、社会活動)をわずかに加えるだけで、個人の健康と総合的なパフォーマンスに大きな影響を与えることができることを示す圧倒的な証拠があるので、変更するつもりはありません。

eスポーツで競技をしながら、
なぜ健康を維持したいのか?

人が総合的なフィットネスを向上させたいと思う理由はいくつかあります。 しかし、具体的にはeスポーツの場合、ここでは、それが有益であるかもしれない理由をいくつか紹介します。

  • 肉体的・精神的な燃え尽きを防ぐ
  • ピークパフォーマンスの向上と維持
  • 疲労レベルを下げる
  • 座りっぱなしの悪影響に対抗する(ゲームは本来座りっぱなしの活動である)
  • 認知への同意可能な変化(ストレスに対する回復力、記憶力、学習力、反応時間の改善)
  • 長生きする可能性がある(心血管フィットネスの向上が長生きにつながる可能性がある)

これは決して総合的なメリットのリストではありませんが、自然界には様々な変化があることを強調しています。

科学的な研究ではどのような証拠が
あるのでしょうか?

Journal of Medicine & Science in Sport and Exercise[1]に掲載された最近の論文によると、固定式自転車での高強度運動を比較的少量行うことで、League of Legends (LoL)プレイヤーのゲーム中のパフォーマンスが向上することが示されました。この研究の参加者は、LoLのカスタムマッチをプレイする前に、ステーショナリーバイクで20分間の高強度エクササイズを行い、その後20分間の休息をとりました。 2つの条件(運動と非運動)の間で、被験者がどれだけ多くのターゲットを除去したかを比較したところ、被験者の方が多くのターゲットを除去したことが分かりました。被験者は、事前に運動をしなかった場合と比較して、試合をする前に運動を完了した場合に、より多くのターゲットを除去した。

これは、この研究から得られた魅力的な発見です。たった20分の運動をするだけで、彼らはゲーム内のターゲットを排除するプレーヤーの能力に改善が見られたのです。20分というのは、昼食を食べたり、シャワーを浴びたり、家に掃除機をかけたり、お茶を作って飲んだりするのと同じくらいの時間です。それは実際には全く多くの時間ではありません。他の研究では、たった5分間のエクササイズで体にポジティブな変化があることが示されています[2]ここで、ニューヨーク・タイムズ紙がマーティン・ギバラ博士という研究者にインタビューした素晴らしい記事があります。彼は、体内で身体的な効果が見られる最短のトレーニングとは何かを調査しています。

eスポーツのパフォーマンスに関する研究は非常に不足しており、この論文は、ゲームのパフォーマンスと運動への参加との正の関連性を示した、この種の研究では初めてのものです。 これまでの研究では、短時間の運動でも人間の認知・身体能力に大きな効果があることが示されており、この研究は非常に心強いものとなっています。

どんな運動をすればいいの?
どのくらいの量で、どのくらいの期間?

開始するのに適した場所は、主要な運動およびスポーツ医学組織と、アメリカスポーツ医学会(ACSM)などの統治機関によって設定された推奨事項から始めることです。彼らは、週に次の量の運動を推奨しています:週に150分の適度な活動+週に2回の強化運動。これは、週の5日間で毎日約30分ずつの有酸素運動であり、週に2回の強化運動が行われます。週を通してそのレベルにコミットできない場合でも、外に5〜10分歩くだけでも、脳と全体的な健康にいくつかの利点があります。

インターバルトレーニング

  • 運動時間合計5分
  • 20秒運動
  • 10秒の休息
  • ハイニー
  • マウンテンクライマー
  • 腕立て伏せ
  • ジャンピングジャック
  • バーピー
  • 腕立て伏せ

上記のエクササイズを2回繰り返す

概要

バランスは、私たちの生活のあらゆる分野で成功するための重要な要件です。 健康に関しては、現在の健康状態(身長、体重、体組成、血液マーカー、心血管フィットネス、栄養、睡眠、疲労)に関連し、それを反映する様々な変数があります。 私たちは、現在の健康状態を修正する様々なツールやリソース(運動、栄養、睡眠)を使用して、現在の健康状態を修正することができます。 これらの側面のいくつかに必要な時間のコミットメントは、物事の壮大な計画の中でかなり最小限のものであり、潜在的に私たちの体のための非常に肯定的な健康上の利点をもたらすことができ、長期的な効果を持つ可能性があります。

編集者注:追加のリソースについては、健康的なゲームでNASEFのページをご覧ください。

[1] de Las Heras, Bernat & Li, Orville & Rodrigues, Lynden & Nepveu, Jean-François & Roig, Marc. (2020). Exercise Improves Video Game Performance: A Win–Win Situation. Medicine and science in sports and exercise. In press. 10.1249/MSS.0000000000002277.

[2] Cooper et al. (2016). High-Intensity Intermittent Exercise Effect on Young People’s Cardiometabolic Health and Cognition. Current Sports Medicine Reports. July/August 2016 - Volume 15 - Issue 4 - p 245-251