COLUMN

2021.08.18

eスポーツと運動の関係――eスポーツをプレイしながら 健康を維持する

Photo provided by NASEF

eスポーツというと、「怪我がない、体への負担がない」といったイメージを持つのではないでしょうか。しかし、日々のデスクワークですら腰や肩などに不調をきたしている人は多いはず。常に長時間座り続けるeスポーツプレイヤーの体には、相応の負担がかかっています。

 

eスポーツにまつわる健康問題は「依存症」ばかりが注目されますが、もっと身近な部分で気を配るべきことがあります。今回はコーチや保護者のみならず、「もっとパフォーマンスを上げたい」というプレイヤーにとっても重要な情報をお届けします。

ゲームプレイだけではパフォーマンスが下がる

「トレーニングをして体力をつけてもプレイの質は上がらないし、ゲームをプレイしているほうがいい」

 

ときにアメリカのトップレベルのプレイヤーからも、このような言葉が挙がります。確かにゲームをプレイしなければ、ゲーム内のスキルやレベルを向上させることはできません。

 

しかし「eスポーツは身体的な変化に左右されないもの」と考えるのは、大きな間違いです。

 

長丁場の大会を初めて経験したeスポーツプレイヤーは、口を揃えて体力の問題を口にします。実際、現場ではインターバルの間に倒れ込む選手もいるほどです。

 

「ただゲームをしているだけなのに」と思うかもしれません。しかし日常生活のなかでも、長時間のデスクワークや長い映画を見終えたあとに疲労を感じた経験は誰しもあるはず。実はただ座り続けるだけでも、体は姿勢を維持するために多くの筋肉を使っているのです。

 

試しに、ぐっと拳を強く握りしめ続けてみてください。数分もしないうちに力が抜けてしまうはず。ただ筋肉に力を込め続けることすら、本来は難しいことなのです。「座り続けること」による負担が、少し理解できたのではないでしょうか。

20分の運動で『LoL』のパフォーマンスが上がった

筋肉が凝り固まれば、判断力や反応速度などのパフォーマンスが低下するだけでなく、メンタルにも影響を及ぼします。こうした事実から、eスポーツ界でも体を動かすことによるパフォーマンス向上が注目され始めています。

 

eスポーツにおいても、運動による以下のような変化・影響が考えられます。

・肉体的、精神的な疲労を防ぐ

・パフォーマンスの向上と維持

・座りっぱなしの悪影響を軽減

・認知機能の向上(ストレス耐性、記憶力、学習能力、反応速度の向上)

 

『Medicine & Science in Sport and Exercise』に掲載された論文[1]によれば、エアロバイクを使った運動が『League of Legends(LoL)』でのゲーム内パフォーマンスを向上させたといいます。

 

参加者は『LoL』をプレイする前に、エアロバイクで20分間の高強度運動を行い、その後20分間の休憩を取りました。

 

そして、運動をした場合と運動をしなかった場合で、参加者がどれだけ多くのターゲットを排除したか比較したところ、運動をした参加者はより多くのターゲットを排除できました。

 

たった20分の運動でゲーム中のパフォーマンスが向上したというのは、非常に興味深い研究結果です。

どんな運動をどれくらい行えばいいの?

米国スポーツ医学会(American College of Sports Medicine: ACSM)によれば、推奨される1週間の運動量は以下の通りです。

 

・適度な運動を週に150分+強化運動を週に2回

※1週間で5日は約30分の有酸素運動を行い、1週間のうち2日は強化運動を行う

 

そんなに運動はできないという人は、5~10分程度の短い散歩でも、脳や健康全般に効果があります。

 

逆に「本格的に運動がしたい」という人には、奨学金をもらうほどのeスポーツプレイヤーが取り組むプログラムを紹介します。

 

【インターバル・トレーニング・ワークアウト】

<5分間のエクササイズ×2セット>

 

・ハイニー20秒

===10秒休憩 ===

・マウンテンクライマー20秒

===10秒休憩 ===

・腕立て伏せ20秒

===10秒休憩 ===

・ジャンピングジャック20秒

===10秒休憩 ===

・腕立て伏せ20秒

===10秒休憩 ===

まとめ

体の状態に関わるものは運動だけでなく、栄養や睡眠、疲労など、さまざまな要素があります。バランスは、人生のあらゆる分野で成功を収めるための重要な条件です。ゲームのプレイにすべてを捧げるのではなく、運動や栄養面などの体づくりがパフォーマンスの向上につながるというわけです。

 

 

【引用】

[1] de Las Heras, Bernat & Li, Orville & Rodrigues, Lynden & Nepveu, Jean-Francois & Roig, Marc. (2020). Exercise Improves Video Game Performance: A Win?Win Situation. Medicine and science in sports and exercise. In press. 10.1249/MSS.0000000000002277.